カテゴリ:note( 58 )



こういう時代になって、正義とは何かと考えさせられます。
たとえば、資本主義を否定される場合、
すべての工業製品や、百貨店、百円ショップを活用することなど、
論理に反していないの? 
否定するときには、お洗濯ひとつとっても、川で洗剤を使わず、
純正の油を使った石けんで労力かけて、私は実行したい方です。
継続性を目指して、よいものを採り入れ、守れるものは守り、
前向きに切り開くことができるのでしょうか。

写真の分野を例にとると、私は報道写真とは違う立場で、
自身の思考を大切に考え、事実をつなぎ合わせ、制作しています。
だからといって、報道写真を否定したいわけでもなく、
新聞やテレビのニュースを見ながら過ごしています。
メディアの存在を肯定しつつ、私は私なりの生き方で、
違った角度から物事を見つめていたい。
人さまは人さま、私は私。
by masakoimaoka | 2010-06-12 08:09 | note

ようやく一般化?


一昨日、ある人から教えていただいた。
「カメラは、贅沢品、金持ちの道楽、
写真家という職業は、お金に余裕がある人のやること、
と、考える方がいらっしゃっる、
田舎にまだそんな偏見が残っている。
テレビを見ていて、そのことに気が付いた」、と。
偏見が解消されたのならうれしいですね。

東京でも確かに、そういう時代はあったでしょう。
しかしながら、デジタルカメラが急速に進化して、
これまで以上に、多くの人がカメラを手にするまでに普及し、
急速に一般化しました。
「カメラは今やペンと同じくらい、当たり前の表現手段」
という声も聞きます。
by masakoimaoka | 2010-04-01 06:19 | note

恩師来る


d0113845_7473167.jpg

     3月26-29日。会社員時代の元上司Sさん夫妻がやってこられた。
by masakoimaoka | 2010-03-31 08:04 | note

アフリカ帰り


毎朝、目覚めるまえ、レム睡眠の浅さがだんだん増すとき、
固執した何かを考えていて、ふと結論だして起きる、という癖を持っている。
今朝はかなり焦った。
「蚊取り線香を焚き忘れた!」
上半身をいきなりガバッと起こした。
もうアフリカにはいないので、マラリア対策する、
蚊取り線香を焚く必要など、なかったのに。
場所は、昨晩日本に戻ってきたばかり、大阪のホテル。
取材を終えて引き上げたが、心はまだアフリカ・・・。

昨晩は久しぶりに、大阪に転勤されたY新聞のKさんと会食した。
待ち合わせ時刻まで、大阪の街をブラブラしてみると
非常にキラキラと、日本の繁華街が輝いて見えた。
昨今、傾きかけた経済の真っ直中、と盛んに報道されている。
しかし目前は見事なまでに近代的で、モノが沢山溢れているように見えた。
渡航前と比較した後において、強く実感した。
by masakoimaoka | 2010-03-06 07:52 | note

行ってきます!


今ギリギリで、ようやく原稿を書き上げました。
これから、羽田から飛んで関空、ドバイ経由、国外の某所へ。
十分気をつけて行ってきます、どうかご心配なく!
不在中は管理者に任せております。
それではよろしくお願いいたします。
by masakoimaoka | 2010-02-20 19:22 | note

インマイライフ


d0113845_1365159.jpg
d0113845_137823.jpg
d0113845_1371954.jpg

by masakoimaoka | 2009-11-12 13:09 | note

(c)宮崎学氏


d0113845_823216.jpg

送ってくださいました。(心より御礼申し上げます)
恐縮ながら、掲載させていただきます。
銀座ニコンサロンにて(2009年9月9日)
by masakoimaoka | 2009-10-12 08:07 | note

日本カメラにて、来年度引き続き、審査員


2010年度「日本カメラフォトコンテスト」
審査員は以下のとおりです。

モノクロプリント;北島敬三氏
カラースライド;管洋志氏
カラープリント;小林紀晴氏
ビギナーズ;今岡昌子

今発売中の10月号誌面に
コメントが掲載されています(P283)。

今月の担当頁は、
審査講評としてP272−277、
こうしてみたら(アドバイス)としてP278、
熊本だよりとして、P278
総評として、P285

今年残すところあと2回。
がんばろう。
by masakoimaoka | 2009-10-01 21:01 | note

夏祭りにて写真教室!


芦北町、古石緑創会による、第一回写真教室。
教室が、受講者25名と見学者、メディアで人で、いっぱいあふれ、
一方、祭りには、例年を遙かに上回る、約6百名が参加されました。
おじいちゃんもおばあちゃんも、お孫さんたちも総動員〜。
夏祭り全体が盛況だった、と、伺っております。
おかげさまで一員として働くことができました。
心より御礼申し上げます。

なお、第二回は、8月29日、30日。
自然界の報道写真家、宮崎学さんを講師に迎えて、
動物や自然環境を題材とした
トーク・交流会(29日)、写真教室(30日)を開催いたします。
参加費は、トークは無料、交流会費が3千円、写真教室が2千円。
是非ご参加ください。


d0113845_17471120.jpg
           Photo by Nikon Imaging Japan, Mr.M.
by masakoimaoka | 2009-08-18 18:11 | note

夢うつつ

本日撮影のため、種子島へ。
鹿児島港を出発しました! 
内海でなく外海というのは、誰かに言われた通り、結構揺れに揺れて、
酔うまではいかないが気分がすぐれず、しんどい。
身体を安定させるため、船上で長く横たわっていた。
by masakoimaoka | 2009-07-21 16:44 | note


今岡昌子

by Masako IMAOKA
Links
■My page
Past works
Works ongoing 1
Works ongoing 2

■Lesson
Nikon College 
→2017年10-12月 new

■Current location
大阪、日本
Osaka, Japan

■Contact
E-mail

© Masako IMAOKA
All rights reserved.
*無断使用禁止
カテゴリ