カテゴリ:info.( 36 )

写真講座開催のご案内


ニコンが運営する、ニコンカレッジ「博多」
にて専門講座がオープン。講師を担当します。

F-3-1 組写真入門 【講座スケジュール】
1日目 2/26(火)13:00~16:00
2日目 3/05(火)撮影実習
3日目 3/12(火)13:00~16:00
4日目 3/19(火)撮影実習
5日目 3/26(火)13:00~16:00
by masakoimaoka | 2013-01-28 18:11 | info.

読売新聞夕刊

12月25日(火)、読売新聞社会面、夕刊コラム「風紋」に、
「あしきた写真フェスタ」が、紹介されました。
熊本県芦北町、竹﨑町長が「質の高い写真には歴史や生活があり、
日常を見直す機会になります」とコメントされています。
by masakoimaoka | 2012-12-26 01:07 | info.

「ご当地」スタンド・アップフォトコンテスト-2


「ご当地」スタンド・アップ フォトコンテスト をご紹介させていただきます。

本コンテストは、◆特定非営利活動法人「動く→動かす」 が主催されたもので、
貧困解消に向けたより具体的な取り組みを訴えることを目的に、
カメラを道具に、写真を手段に、皆様へのアクションを呼びかけています。

募集内容には、世界の貧困問題の解決を求めて立ち上がった
「地元やコミュニティの特徴がよく現れた元気のある写真」
と、メッセージが添えられました。

社会貢献的なキャンペーンに対して、撮影者ばかりか、被写体も含めて、
人々が如何に行動をPRしていくか、という点が独特な趣旨になる、と思い、
その点を考慮しながら、審査員の1名として興味深く関わらせていただきました。

以下は、賛同団体になります。

◆共催: 国際連合広報センター(UNIC)
◆協力: なんとかしなきゃ!プロジェクト
◆後援: 外務省、公益社団法人ガールスカウト日本連盟、
一般社団法人グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク、
独立行政法人国際協力機構(JICA)、
公益財団法人世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会、
公益財団法人日本ユニセフ協会、日本労働組合総連合会(連合)、
パルシステム生活協同組合連合会、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟、
教育協力NGOネットワーク
◆助成: 立正佼成会一食平和基金

日々の営みと並行しながら得られた、ささやかな1カットの集まりには、
人々の素朴な感情が込められており、癒されるものがありました。
写真にこのような長所がある点、共有する価値を感じております。
by masakoimaoka | 2012-12-22 07:44 | info.

「ご当地」スタンド・アップ フォトコンテスト


「ご当地スタンド・アップ フォトコンテスト」
(NGOの方々の地道な支援活動にご理解とご協力を)
by masakoimaoka | 2012-10-03 02:33 | info.

本日



Re・birth.netは、更新されました.
I would like to announce that it has just updated. Thank you.
by masakoimaoka | 2012-09-14 16:02 | info.

間もなく...



Re・birth.netは、まもなく更新されます。
新サイトでは、ソーシャル・ドキュメンタリーアートワークを中心にご紹介しております.
情報の更新につきましては、今まで通りこちらかフェイスブックにて行います.
今後ともよろしくお願いいたします。

Re・birth.net, it will be updated soon.
In the new site I introduce mainly social documentary art works, one side of all my works. My information will be updated on this blog and/or facebook
Thank you.
by masakoimaoka | 2012-09-03 18:15 | info.

「南日本写真展」


6月1日は、「写真の日」。
6月は、写真月間として、各地様々な行事が催されています。
南日本新聞社では、以下の要領にて作品を募集しております。
皆様、ご参加いただければと思います。

 「第42回南日本写真展」

 ■概要(資料より、一部抜粋)
本展は、1971年(昭和46年)に始まりました。
カメラの発達、普及に伴って増え続けた写真愛好家の作品を厳しく、
また温かく審査、指導してきたのは東松照明氏、奈良原一高氏、平木収氏ら
我が国を代表する写真家、写真評論家たちです。
近年では従来のフイルムを使った写真に加え、若年、中高年世代からの
デジタル写真出品も目立ち、常に募集増え続け、
質と量を兼ね備えた公募展に成長しています。

 ■日程 7月3日(火)~8日(日)
 ■場所 鹿児島市立美術館
 ■入場料 大学生・一般400円、高校生以下無料

 ◇作品は現在募集中
 単写真、組み写真の2部門で、テーマは自由。
未発表の自作なら1人何点でも出品できます
 *規格 
1)単写真=四つ切り以上全紙まで(パネル張り不可) 
2)組写真=レイアウトは自由だが、1点あたりの写真は10枚程度まで。
規定の白いスチレンボード
(L判の半分=56センチ×81センチ、厚さ7ミリ程度)に張り、
裏に制作意図を40字以内にまとめた紙を添付
 *出品料 1点につき2500円、大学生・専門学校生以下は1500円
 *搬入 6月16日(土)、17日(日)
午前9時半~午後4時半、鹿児島市の南日本新聞会館1階。
送付の場合は6月15日(金)必着で
〒890-8603、鹿児島市与次郎1の9の33、
南日本新聞社事業部「南日本写真展」係=099(813)5053

 ◇優れた作品を表彰します
 *南日本新聞社賞(副賞金10万円)、優秀賞、鹿児島県写真館協会賞・奨励賞など
 *審査員 大西みつぐ(写真家・日本写真家協会会員)、今岡昌子(写真家)

 ■協力 鹿児島県写真館協会
 ■協賛 南日本新聞販売株式会社
 ■主催 南日本新聞社

→ 審査結果はコチラ
by masakoimaoka | 2012-06-03 07:07 | info.

「よみうり写真大賞」


昨日、第33回「よみうり写真大賞」の授賞式へ出かけました。
次回より、審査員を務めさせていただくことになりました。
by masakoimaoka | 2012-01-29 15:17 | info.

続・掲載のお知らせ


「アサヒカメラ」2月号、フロント
「キャパ」2月号、写真展特選街、および連載
「サンデー毎日」2月5日号、巻頭グラビア

に掲載されました。
by masakoimaoka | 2012-01-29 14:16 | info.

毎日新聞、本日夕刊


本日、関東・中京・一部東北地方、毎日新聞夕刊eyeに
写真と文が掲載されます。
九州地方は、土曜日朝刊の予定。
by masakoimaoka | 2012-01-19 06:56 | info.


今岡昌子

by Masako IMAOKA
Links
■My PAGE
Past works
Works ongoing 1
Works ongoing 2

■Lesson
Nikon College 
→2017年7-9月 new

■Location
大阪、日本
Osaka, Japan

■Contact
E-mail

© Masako IMAOKA
All rights reserved.
*無断使用禁止
カテゴリ