「あしきた写真フェスタ」を終えて


老若男女、バラエティーに富む人々の集まり、となりました。

シンポジウムは、飯沢耕太郎氏による司会。
東日本大震災を受けた直後であったことから、
制作行為に基づく写真家による表現、
立ち位置について、それぞれの考えについて話し合われました。

本山周平さんが、三陸海岸、
尾仲浩二さんが、昨年3月岩手の街角を撮影されていた。
震災を経て、記録写真の意味を呈した、と着目されました。
野村恵子さんは、阪神淡路大地震の被災者という。
私は被災地を12年撮り続けています。

皆の意向で、義援金を集めました。
これらは塩竃フォトフェスティバルに寄付させていただきます。

展示は、インクジェット紙、布によるプリント、
印刷物および、フォトフレームを活用しました。

夜、スライドショーを行いました。
個々の作品は、音楽を付けて公開されました。
そのイメージの変貌が、個性の際立ちとして豊かに感じられ、面白かった。

ポートフォリオレビューでは、
作家が積み上げてきた思考を含めてのアドバイスを行った。

写真メーカー関係者は、写真家と参加者とを、両面からサポート。

■参加者、受賞作品に、
オリンパスペンライト、キヤノンカラープリンター、サンディスクSDカード8GB、
ニコンコンパクトカメラ、富士フイルムインクジェット紙、が提供されました。
■写真家の表現体に、キヤノンインクジェットペーパー、布が提供され、
キヤノンプリンター、ソニーフォトフレームが貸与されました。
■特別展示に、世界各国から集められた
ニコンインターナショナルフォトコンテスト(NIPC)受賞作品、
の一部が展示されました。

開催地となった芦北町は、両日晴れ。
夜間の冷え込みで、桜は三部咲きくらい、菜の花が満開。
岬から、鹿児島〜天草、不知火海が見渡せました。

ご厚情賜りましたこと、心より感謝申し上げます。
by masakoimaoka | 2011-03-29 09:38 | note
<< 個展チラシ 「あしきた写真フェスタ」について >>


今岡昌子

by Masako IMAOKA
Links
■My PAGE
Past works
Works ongoing 1
Works ongoing 2

■Lesson
Nikon College 
→2017年4-6月 new

■Location
大阪、日本
Osaka, Japan

■Contact
E-mail

© Masako IMAOKA
All rights reserved.
*無断使用禁止
カテゴリ