こういう時代になって、正義とは何かと考えさせられます。
たとえば、資本主義を否定される場合、
すべての工業製品や、百貨店、百円ショップを活用することなど、
論理に反していないの? 
否定するときには、お洗濯ひとつとっても、川で洗剤を使わず、
純正の油を使った石けんで労力かけて、私は実行したい方です。
継続性を目指して、よいものを採り入れ、守れるものは守り、
前向きに切り開くことができるのでしょうか。

写真の分野を例にとると、私は報道写真とは違う立場で、
自身の思考を大切に考え、事実をつなぎ合わせ、制作しています。
だからといって、報道写真を否定したいわけでもなく、
新聞やテレビのニュースを見ながら過ごしています。
メディアの存在を肯定しつつ、私は私なりの生き方で、
違った角度から物事を見つめていたい。
人さまは人さま、私は私。
by masakoimaoka | 2010-06-12 08:09 | note
<< 見るは聴くに通ず 視点は始点か? >>


今岡昌子

by Masako IMAOKA
Links
■My PAGE
Past works
Works ongoing 1
Works ongoing 2

■Lesson
Nikon College 
→2017年7-9月 new

■Location
大阪、日本
Osaka, Japan

■Contact
E-mail

© Masako IMAOKA
All rights reserved.
*無断使用禁止
カテゴリ